東京とヨーロッパ街歩き

TokyoとBelgiumでの日々の記録。0歳の娘を連れてはじめてのヨーロッパ暮らし。空港大好き。スタアラ空マイラー!

午後の時間が短くなってきた

f:id:ayano585817:20170912100511j:plain
こんにちは!

ベルギーの緯度は北海道よりも高く、樺太くらいです。日本と同じく季節がちゃんとあります😄

6月は日没が22時にもなり、23時過ぎまで夕焼けが残っています。朝は5時半に太陽が登ります。

12月は日没が16時半で17時には天気も悪く真っ暗の日も。朝は8時半に太陽が登るので通勤、通学は真っ暗です。

ちょうど9月はこのまん中あたり。
日没は19時台になり、朝は7時過ぎに太陽が出ます。

日々の暮らしの時間は同じだけれど、季節により外の暗さが大部違うので、日本よりも四季を強く感じることができます。
だからサマータイムや冬時間があっても違和感無く過ごせます。

冬は曇りの日が多く、何日も太陽が出ない日もあります。下手したら1週間以上も.....。
鬱になる人が多いのもヨーロッパの特徴なのかも。

f:id:ayano585817:20170912102728j:plain
夏の生活感覚のまま、夕方お買い物に出ると.....
あっという間に夕方を超えて薄暗い夜に。
f:id:ayano585817:20170912102840j:plain

娘も『ママ大変!お空が夜になってるよ!!』
とビックリしています😆

この時期は、30度近くになる日もあれば15度になる日も.....😅
街を歩いている人も真夏の格好やコートの人までいます。日本人の観光客が『寒い~!』と歩いているのを見かけたり、この時期のヨーロッパ旅行は服装が難しそうです。

急激に冬に向かっている気がします。