東京とヨーロッパ街歩き

TokyoとBelgiumでの日々の記憶。0歳の娘を連れてはじめてのヨーロッパ暮らし。北欧雑貨や北欧のスマートな暮らしが大好き。スタアラ空マイラー。

何も語らないホロコースト慰霊碑

f:id:ayano585817:20171226165547j:plain
こんにちは!

ドイツの首都ベルリンへはブリュッセル空港から1時間15分位。
週末に1泊2日でベルリンに行った時のこと。

ブランデンブルグ門のすぐ近くに、『ホロコースト慰霊碑』があります。
1つの碑があるのかと思ったら、街の真ん中に広大な長方形のモニュメントがたくさん。

大きな墓石がいくつも並んでいるような光景でした。

f:id:ayano585817:20171226170557j:plain
中に進むと、座れる程度だったモニュメントはどんどん高さを増していきます。

f:id:ayano585817:20171226170847j:plain
ついに自分の背丈を遥かに超え、墓石の中に自分が迷いこんでしまったような感覚になります。

f:id:ayano585817:20171226170959j:plain
何列もあるので、迷うと見つけられない程です。

f:id:ayano585817:20171226171124j:plain
まるでお墓の中から空を見ているよう。
空の青さと対照的に、周り全てがグレーです。

ホロコーストで犠牲になったユダヤの人々も、このような出口を望めない空を見ていたのかな。と思うといたたまれません。


戦争の慰霊碑や記念碑は色々と見てきましたが、こんなに心に響くものはありませんでした。

2005年に建てられて、ドイツ人はどんな思いで見ているのかな.....。

私たちがここで何かを感じ、2度と同じような事を繰り返さないと考える事が、犠牲になった250万人以上のユダヤの人々に対してできる責務なんだと感じました。