東京とヨーロッパ街歩き

TokyoとBelgiumでの日々の記憶。0歳の娘を連れてはじめてのヨーロッパ暮らし。北欧雑貨や北欧のスマートな暮らしが大好き。スタアラ空マイラー。

ベルギー 地震の無い国の窓事情

f:id:ayano585817:20180414055045j:plain

f:id:ayano585817:20180414055115j:plain
こんにちは!

ベルギーに住んで地震の揺れを1度も経験せず!
同じヨーロッパでもイタリアなんかは大地震があるのですが、ベルギーは山も無いし全く揺れないです。

日本にいると、毎日どこかで有感地震があるので全く揺れないとなるとおうちの立て付けや暮らし方が変わってきます。

リビングに面するテラスは1面大きなガラス張りになっていて、お部屋の中からテラスで遊んでいる様子が見えるので便利です。
天井も高~いので、空が見えるし開放感があり大好きな場所です。

ベルギーは冬に全く太陽が見られない日が数日続いたりするので、窓が大きくて少しでもお部屋に光が入ればそれだけでウキウキする時もあります。

日光不足でビタミンが足りなく、幼児にはタブレットが処方される国ですが、この大きな窓ガラスのおかげでタブレット要らず。日光浴がお部屋で楽しめます😄

キッチンに面する窓は十数枚あり、お料理しながら外の様子を見ることができます。

こんな開放的なマンションは日本では耐震設計の問題で難しいようです。
同じマンションには3階まで吹き抜けの大きなガラスを採用しているメゾネットのお部屋もあります。

お隣ドイツやイギリスなんかは、窓税といって窓の大きさや数により税金が課せられた地域もあるようで、わざと小さく作ったり、レンガで塞ぐ習慣もあったようです。

地震が無いので高価なお皿が壁1面にたくさん飾ってあるレストランなど、そもそも地震対策グッズの突っ張り棒などは見かけません。

窓が大きかったり多いと、今度はお掃除が大変です!特にガラス張りのテラスは娘の手の跡でいっぱい💦表と裏面があるのでかなりの体力を使います。キッチンに面する窓は最初の3枚で飽きてしまいます.....😅

反対側のマンションを観察すると、週1~2で窓拭きや部屋の掃除をしてくれるハウスキーパーさんがピッカピカにしていくのが見えます。
ベルギーでは業者さんにお掃除をお願いする家庭も多く、料金もかなりリーズナブルなようです!

タバコを吸いながら窓拭きしている業者さんや、ラジオをガンガンかけて歌いながらの業者さん.....😅
日本とはちょっと違った光景を目にできますが、特殊な洗剤でピッカピカにしてくれるそうです✨

両親へのプレゼントでキーパーさんを雇っているベルギー人のお友達もいて、プロにお任せするのも良いな❤と感じました。