東京とヨーロッパ街歩き

TokyoとBelgiumでの日々の記憶。0歳の娘を連れてはじめてのヨーロッパ暮らし。北欧雑貨や北欧のスマートな暮らしが大好き。スタアラ空マイラー。

ベルギーの住宅

f:id:ayano585817:20180610103559j:plain
こんにちは!

ベルギーの住宅って一体どんなの?
日本との違いがたくさんあります😊

築年数は築100年~400年以上だってあります!
日本なら新築が一番値段が高くて築年が経てば物価が落ちていきますが、そんな事ありません。

築300年の友人宅はリノベーションをして内部は新築同然、快適な家になっています。

DIYは当たり前!壁のペンキ塗りの塗料はホームセンターに大量にあるし、アパートタイプの5居宅を購入して1つの居宅にするDIYをしちゃったりと、業者みたいな道具のレンタルを活用して年数をかけて楽しんでやっています😊

写真はうちのマンション。
街の中心から徒歩3分位の再開発エリアにできたマンションです。入居した時には築5年以内と、ベルギーでは新築マンションがレアなので結構希少な物件です。

夫は私たちが渡航する1年以上前からベルギーに住んでいて、1年間はビジネスフラッツ(長期滞在アパート)と築100年以上でリノベーションもしていない戸建てのおうちに住んでいました。家に対して不満が多かったので、家族を呼び寄せて住むマンションは気合いを入れて探してくれ、紆余曲折(賃貸探しは本当に辛い...)で最高の物件を契約してくれました😍

ベルギーでは駅や中心から離れた場所に富裕層の住む住宅街があり、街の中心はだいたい普通のマンションタイプが多く建っています。

郊外にあるお庭付きの戸建てか、街の中心にあるマンションタイプか。
うちは生後0歳娘がいたので、お買い物に便利な街の中心に決めました。
結果は大正解で、スーパー(デレーズ)も徒歩すぐ。その他のお店も近くて本当に便利です!

続いてはうちのマンションをご案内します😊