東京とヨーロッパ街歩き

TokyoとBelgiumでの日々の記録。0歳の娘を連れてはじめてのヨーロッパ暮らし。空港大好き。スタアラ空マイラー!

【絶対オススメ】ホテルのお部屋からオーロラ鑑賞(Tromsø)

f:id:ayano585817:20171013092304j:plain



おすすめPOINT

  • ホテルのお部屋からオーロラ鑑賞ができる
  • オーロラベルト直下の街なので2日に1度は遭遇
  • 銀世界の犬ゾリからのオーロラ鑑賞
  • ハスキー牧場で子犬を抱っこ
  • 空港から市街地まで近い
  • ステキな北欧の街を満喫
  • 暖流の影響で北極圏なのにさほど寒くない
  • 北極圏到達証明書を発行してくれる
  • 日本から近くまで直行便あり(期間限定)


これから本格的な冬シーズンがやってきます!
ヨーロッパに2年住んで色々な街を歩いてみましたが、今年の2月に行った小さな街は絶対オススメしたいです!週末2泊3日で行きましたが、毎日オーロラを見ることができました。

ノルウェーの『トロムソ(Tromsø)』
f:id:ayano585817:20171015101236p:plain

北極圏にある小さな島で、オーロラベルトの真下にあるため街の上にオーロラが出ます!
ホテルのお部屋から、暖かくしてオーロラが見れるのです。

日本ではアラスカやアイスランド等がオーロラ人気の場所ですが、欧州では断然『トロムソ!』と聞いていたので、いつかは行ってみたい場所でした。

娘が2歳のため、過酷な寒い環境での待機やバス移動も30分以内が限度かな。と考えていたのでピッタリでした!

f:id:ayano585817:20171015105548j:plain
ブリュッセル国際空港からオスロ乗り換えで『トロムソ空港』まで3時間ちょっと。トランジット時間は人生初の10分でかなり走ったけれど無事到着!😅
f:id:ayano585817:20171015110156j:plain
ブリザードで飛行機がタッチ&ゴーする悪天候。北欧の空港ではタッチ&ゴーが良くあるのか、機内アナウンスが特に無いため少し酔いました.....。
SAS(スカンジナビア航空)はスターアライアンスのためよく利用しますが、子供にくれるオモチャやぬいぐるみが毎回かわいいです。

f:id:ayano585817:20171015111404j:plain
『トロムソ空港』はノルウェー北部最大の空港です。
f:id:ayano585817:20171015112008j:plain
f:id:ayano585817:20171015111656j:plain
奥は空港駐車場。北極圏の真冬はどんなすごいのか期待していましたが、暖流の影響でそれほど寒くなく(マイナス1度)積雪もあれ?と思うほどでした。
タクシーでトロムソ中心まで3キロ。10分ちょっとでした。
市街地までは大きなトンネルが長くさすが雪国!トンネルを抜けると市街地中心でした。

f:id:ayano585817:20171015114006j:plain
2泊とも『ラディソンブルホテル トロムソ』。
このお部屋からオーロラが見えました!
事前にメールでオーロラが見える最上階に近い部屋をリクエストしました。
ベルギーは山が無いので、久々の山にも感動です!
f:id:ayano585817:20171015121931j:plain
f:id:ayano585817:20171015121956j:plain
到着した日はブリザードでバス25分のオーロラツアーがキャンセルで次の日に。夜は諦めていましたが夜中に空を見ていたら何やらボーっと動く物が!!お部屋から緑色のオーロラが見えました!

目の前が港すぐで景色も素晴らしかったです。対岸は橋で繋がっているノルウェー本島。左に見える三角の建物はArctic Cathedral(北極教会)。北極圏の素敵な大聖堂です。

ノルウェー本土に渡らなくても、ホテルからすぐにTromsø Cathedral(トロムソ大聖堂)があり、いつでも入ってお祈りができます。
f:id:ayano585817:20171015121846j:plain
ちょうどミサがあり後ろで見ていると『どうぞ中で座って見てね。ツーリストも大歓迎よ。』と言われました。
f:id:ayano585817:20171015122334j:plain
娘は教会が大好きで、ときどきベルギーの教会ミサも見ていたので静かにしていてくれました。そしてベルギーでは滅多に降らない雪に大喜び!

2日目はバスで25分移動して昼間はハスキー牧場での犬ゾリ。夜は同じ場所だけど市街地から少し離れて暖かいベースキャンプでオーロラ鑑賞。
VELTRAという日本語で予約できるツアー2つに事前ネット予約しました(現地予約だと料金は安いが満員で申込不可の場合もあり)。
ラディソンブルホテル前が各ツアーの集合場所だったので本当に楽すぎでした。
f:id:ayano585817:20171015132613j:plain
f:id:ayano585817:20171015132632j:plain
ハスキー犬ゾリは小さな娘がいたので、一番先頭でスタートさせてくれました。白銀の中をお兄さんが英語で案内してくれます。はしゃぐ娘はすぐに気持ちよいのか寝てしまいました(笑)スノーウェアを借りて、毛布をかけるので真冬の北極圏も寒くありません。首と口を隠せるネックウォーマーを購入して大正解!
f:id:ayano585817:20171015133546j:plain

夜はベースキャンプからオーロラを見ます!
オーロラ爆発と呼ばれるカラフルで最高級なオーロラが見れました。
f:id:ayano585817:20171015133910j:plain
f:id:ayano585817:20171015133937j:plain
f:id:ayano585817:20171015134017j:plain
写真がアマ過ぎてこれ位ですが、もっともっと素晴らしかったです。
空に波打つ海が広がるようです。
何時間もずっと見られるので、私たちはベースキャンプに出たり入ったり。
f:id:ayano585817:20171015134552j:plain
食事やデザート、飲み物も付いています。
小さなテントかと思ったら大きな立派な施設でした。でもかわいい北欧の小屋です。
f:id:ayano585817:20171015134233j:plain
同じように乳幼児連れも何組みかいて、トロムソだから連れてこれたよね!と話しました。高齢者も多く無理せずオーロラ鑑賞ができると感じました。
ホテルに帰ってからも、夜中はオーロラの続きが見れました!

f:id:ayano585817:20171015134830j:plain
最終日はトロムソの市街地を探検!
小さな街なので歩いて北欧雑貨やお土産屋さんを見たり、ホテルすぐ裏にあるインフォメーションセンターで『Polar Certificate』北極圏到達証明書(1000円位)をもらったりしました。

2泊3日の満足すぎる北極圏の旅!
お魚料理もおいしく、素敵な北欧のものたちに囲まれて暖かい場所からオーロラ鑑賞ができる素敵な旅でした。

一般的に12月~3月がオーロラ時期と言われますが、トロムソに住む人達は9月~11月にも素晴らしいオーロラが見られるよ!と言っていました。

万が一オーロラが見られなくても、北極圏の魅力溢れるTromsøの街を歩くだけで楽しめると思います。

北欧大好き!
www.tokyo-europe.com
www.tokyo-europe.com