東京とヨーロッパ街歩き

TokyoとBelgiumでの日々の記憶。0歳の娘を連れてはじめてのヨーロッパ暮らし。北欧雑貨や北欧のスマートな暮らしが大好き。スタアラ空マイラー。

一度壊れてしまうと二度と戻らないもの

f:id:ayano585817:20180531194246j:plain
こんばんは!

右上に写っているのは長方形の換気扇です。
ベルギーの住宅はオランダ人仕様なのか、天井がとても高く換気扇のスイッチがリモコンですの所も多いです。

ライトの明るさも10段階にできるし、換気扇の強弱も6段階ありピピッと快適だったのですが、


『リモコン壊れる』


という事態が起きて、なんとリモコンは交換不可、修理不可という不思議な家電...😰

そんなこんなで、天井にビルドインされているために背伸び+長い傘(笑)にて、直接ボタン押しをしなければならない事態に...。

私はベルギーでは背が真ん中位ですが、日本では高い方!それでも長い傘を使っても背伸びをしないと届きません(笑)

長い棒が必要!と友達からガーデニングに良く使う緑色の細い棒を借りたら、細すぎてボタンに命中する確率が低くてイライラ!!

もうっ!!

シンプルに、背伸び+傘で毎回対応(笑)

壊れたリモコンは、赤い文字で説明書に修理不可、交換不可!と強気の注意書き。
換気扇ごと変えなければならないようです。
そんなぁ。
日本だったらメーカーさんが親身な対応をしてくれるのにな...と思ってみたりしました。
ダメダメ、比較しちゃいけない...。

一度壊れてしまうと、もう2度と治せないものが世の中にあるんだ...と勉強になりました(笑)😂

(メーカーなんとかならないかなぁ!)