東京とヨーロッパ街歩き

TokyoとBelgiumでの日々の記録。0歳の娘を連れてはじめてのヨーロッパ暮らし。

帰国うつ

f:id:ayano585817:20170822082319j:plain
こんにちは!

お友だちが数人遊びに来てくれました。娘はヨチヨチ歩きの子を見るとお世話をしたくなるようで、お姉さんっぷりを発揮している2歳です😄

本帰国の話になり、昨年帰国したファミリーの旦那さんが自宅療養中との事。どうやら帰国して1年日本の環境に馴染めないようで、今年の春からお休みされているみたい。

駐在中に鬱になる奥様の話も聞くけれど、帰国して会社に馴染めない方も結構いるのが現状です。

アメリカに5年勤務された支店長クラスの40代の方も長期療養中。昨年まで仲良くしてくれた3年ベルギーにいた30代女性の方も.....。この女性はヨーロッパと日本の働き方が全く違く合わないので、ヨーロッパの現地採用枠で秋に転職するそうです。

海外で数年働いてしまうと、日本の働き方に疑問が出る人はほぼ100%だと言います。郷に入っては郷に従えー!!で皆さん帰国したらぐっと我慢して慣れて(流されて)しまうのだと思いますが、育休中の私から思うに、その疑問(良い部分)は日本にもたくさん取り入れてほしいと思うのです。もちろん日本の働き方の方が良い部分もありますが。働き方を組織の中で変えるって、皆を巻き込んでやらなきゃだから難しいですよね。

大手メーカーの旦那さんから、海外組みは遊んでいると思われている。と何人からも聞きました(笑)確かにそう思われがちなんですよね。遊んでいる人もいれば、必死に慣れない土地で頑張っている人もいるのに。朝3時から電話会議にしょっちゅう参加してたりね😅

海外帰りの社員にちょっとした陰湿な何か。が大人の社会であるのかも!?と察しました。
外国人が日本で働くって、逆にどんな感じなんだろう.....。

ベルギーは特に人種の坩堝なので、様々な国の人が働いています。働き方も色々な国の要素が入っていて興味深いと感じます。海外のテキトーさも大分あるけれど、海外に出て得た気づきを私もなにかしら会社に持っていけるようにしたいです😄



にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

2歳、サンドイッチの食べさせ方

f:id:ayano585817:20170821123918j:plain
こんにちは!

娘はお米が大好きで納豆ご飯にするとパクパクたくさん食べます😄

サンドイッチも食べますが、あまりパン類は好んで食べる感じではありません。

f:id:ayano585817:20170821124240j:plain
こんな感じで普通に四角く切っても食べないので、お船の形だよ~!モアナ(ディズニー映画のMoana)の船だよ🎵と三角形に切って出すとパクパク食べます(笑)

ちなみにパンの耳は食べる時もあるけれど、だいたいは残してしまいます。オリーブオイルで揚げて、きな粉をまぶすとお菓子として食べてくれます☺

厚切り食パンが売って無いのでむずかしいのですが、食パンをさらに半分に切って、中にハムとチーズやスクランブルエッグをいれると、パンと具を一緒に食べてくれます。

今度は色んな形のフレンチトーストを作ってみよう!調理や飾り方次第で楽しんで食べてくれます😄


にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

モンサンミッシェルの美しい夕陽

f:id:ayano585817:20170820171655j:plain
こんにちは!

ヨーロッパに住んで2年、夕陽の美しさに感動する日々を過ごしていますが、モンサンミッシェルの夕陽の美しさにはうっとりしてしまいました。

ベルギーは山も無い平坦な土地で、夕陽は地平線に吸い込まれて消えていきますが、モンサンミッシェルの夕陽は海に反射して、世界の全てが夕陽の色に染まっているようでした。

f:id:ayano585817:20170820172216j:plain

もう少し暗くなると、島に光が灯ります。

f:id:ayano585817:20170820172418j:plain
2015年のパリテロ以降は、警備が強化されている様子でした。

8月中旬以降は夕陽の時間帯がどんどん短くなって来ているのがわかり、夏が終わってしまうんだなぁ~と寂しい気持ちで一杯です。

夕方の気温15度。もう秋です!
.....が、翌日は日中ぐんぐん温度が上がり30度近くに!それでも着実に秋に向かっています😄


にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

ベルギーのお菓子はパッケージ言語が色々

f:id:ayano585817:20170819211253j:plain
こんにちは!

ヨーロッパのお菓子のパッケージは、言語が地域により異なるプリントでおもしろいです。

ベルギー国内ではフランス語、オランダ語、ドイツ語とパッケージ言語が異なります。

ブリュッセル周辺ではフランス語、それ以外はオランダ語がほとんどで、ドイツよりの街ではドイツ語の表記でした。はじめからフランス語とオランダ語を載せる商品もあります。
IKEAのタグみたいに主要言語をたくさん1度に載せる商品もあります。

それ以外の国でもスーパーに行くと違う言語です。スペイン語、ポルトガル語なんかも同じお菓子でも雰囲気が違います🎵

ちなみに写真はアテネのスーパーのギリシャ文字!!数学に出てくる記号が使われている感じで新鮮でした😊

f:id:ayano585817:20170819212211j:plain

Laysはみんな大好きなので、お土産に買ったら喜ばれました✨


にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

子連れでヨーロッパの美術館のお庭へ!

f:id:ayano585817:20170817091942j:plain
こんにちは!

良く走りに行っている遊び場の1つに、近くの美術館のお庭があります。
今年リニューアルされたばかりの美術館は、展示内容がおもしろいとベルギー人には人気の美術館で、お客さんも多いです。

ヨーロッパの美術館にはほとんど美しいお庭が付いている場所が多く、子供が遊べる空間になっている所が多いです。美術館は内容により、子供にとっては騒げない退屈な場所だからかな?

この美術館のお庭にも子供が遊べるものがいくつかあります。
その中でも、いつも覗いて楽しんでいるものは.....
マスコットの鳥ハウス!

f:id:ayano585817:20170817092715j:plain
赤い小さなおうちには、小さい穴が空いていて中を見ることができます。
f:id:ayano585817:20170817092826j:plain
娘はピンクが大好きなので、こちらをずっと覗いて『Hello!』と楽しんでいます。

中にはちゃんとオシャレな鳥さんが暮らしているお部屋になっています!!細かい作り!
f:id:ayano585817:20170817093008j:plain

f:id:ayano585817:20170817093058j:plain

子供が多いときには並んで見ていることも(笑)
背伸びをしながら見ている姿はまたかわいいです。

f:id:ayano585817:20170817093218j:plain
お庭の中には大きなドングリの木があり、夏の終わりには大きくてきれいなドングリ拾いに夢中になれます☺車も来ないし走り回れるので大好きな場所です。真冬でも芝生はこの色のままキレイです。

◼M-Museum Leuven
http://www.mleuven.be


にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

ヨーロッパと日本の違い(ハイキングウェア)

f:id:ayano585817:20170816014905j:plain
こんにちは!

日本で国立公園などにトレッキングやハイキングをするウェアと言えば、虫刺されや擦り傷、切り傷から体を守れる長ズボンが多いですが、どうやらヨーロッパでは短パンが多いです!

f:id:ayano585817:20170816020050j:plain
観光名所の国立公園などを歩きましたが、日本人の団体さんはみなさん長ズボンとしっかりしたトレッキングシューズ!

他はサンダルの人だってたくさんいました。

やはり『夏』だから夏らしい格好がしたいから?
それともトレッキングを日常的にしているから、慣れていてラフで楽な服が一番!と感じているのかな?😊
かなりの違いにビックリしました。

◼プリトヴィツェ湖群国立公園
smp.his-j.com



にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

中世ヨーロッパを感じる夜の街歩き(チェコプラハ)

f:id:ayano585817:20170815085345j:plain
こんにちは!

ヨーロッパの中で中世を色濃く感じる街の中でも、チェコのプラハは夜の街歩きがとても美しいです。

f:id:ayano585817:20170815085837j:plain
夜は日本のように明るくないヨーロッパですが、プラハはその中でも薄暗さが神秘的です。
ヨーロッパに住み始めた時は、この薄暗さに慣れなかったのですがすぐにほの暗さが大好きになりました。

この感じは.....街全体がディズニーランドの世界に迷い混んだようです(笑)
乏しい表現力.....😅

f:id:ayano585817:20170815090317j:plain
雨の日も、建物に光が反射してそれはそれは美しいです。

f:id:ayano585817:20170815090612j:plain
夜の時計台もステキです。
ちなみにお昼の時計台はこんな感じです。
f:id:ayano585817:20170815090745j:plain

日中と夜で表情が異なる街の様子を楽しむのも、旅の楽しみです。

治安が良いと言ってもヨーロッパなので、夜歩きは夕方が終わった位が一番おすすめです。
写真も空がまだ少し明るいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ