東京とヨーロッパ街歩き

TokyoとBelgiumでの日々の記録。0歳の娘を連れてはじめてのヨーロッパ暮らし。空港大好き。スタアラ空マイラー!

サンタクロースと子供時代

f:id:ayano585817:20171211053820j:plain
こんにちは!

昨年はサンタクロースがまだよくわかっていませんでしたが、今年はサンタさんの存在を理解したようです。

絵本に出てくるサンタクロースのおじさんは、夜に子供たちへプレゼントを配っているので、暗くなると夜空を見上げてサンタクロース探しをします。

特に何かプレゼントが欲しいのではなく、サンタクロースに会いたいそうです。
会ってお話して、コーラを飲むそうです(笑)
完全にコカ・コーラ社のCMがすり込まれている.....😅

f:id:ayano585817:20171211054533j:plain
夕方17時には暗くなるので、暗くなると少し歩いては止まってお空を見上げて探しています。
そのため近くまでのお買い物も全く進まず倍の時間がかかります.....😅

サンタさんはまだお家にいるみたいだよ。
と伝えると『そうか!まだお家にいるんだ~』
と納得してくれるのですが、5分するとまた立ち止まり夜空を見上げます😅

私がサンタクロースを信じていた頃も小学4年位までだったかな?もっと前だったかな?
とにかく楽しかったクリスマスの思い出があり、大人になった今でもワクワクする気持ちでクリスマスが待ち遠しいです。
(私もなぜかコカ・コーラを連想するので、親子で刷り込みされています.....)

サンタクロースは子供時代の大切な思い出。
プレゼントをくれるだけのおじさんではなく、子供時代のワクワクして楽しかったクリスマスの頃を思い出せるような存在になれるよう、楽しいクリスマスにしたいな😄

しばらく数年はクリスマスの頃に、こうして夜空を見上げて探すのかしら。

かわいいクリスマスオーナメント

f:id:ayano585817:20171209085519j:plain
こんにちは!

ヨーロッパでは11月~12月上旬にクリスマスマーケットが各都市で始まります。
本場ドイツは12月24日で終わりになり、25日のクリスマスは家族と共に家で過ごします。

ベルギーはヨーロッパの中でも年明けまでクリスマスマーケットを開催している場所が多く、日本からも年末年始のツーリストがたくさんマーケットを楽しみに来ます。

f:id:ayano585817:20171209090300j:plain
クリスマスマーケットでは飲食店よりも、クリスマスオーナメントのお店の方が多いです。
近年はクリスマスに関係無いお店も出ていますが、本場ドイツに行くとクリスマス関連のみです。

f:id:ayano585817:20171209090613j:plain
日本ではツリーに飾る小さなオーナメントの販売が多いですが、かなり大きなトロールのようなクリスマス人形等が良く目につきます。

f:id:ayano585817:20171209090812j:plain
クリスマスカードは10枚1~3ユーロで売っていたりと、お値段もお手頃です。

どれもかわいいオーナメントばかりなので、ついつい思い出に.....とたくさん買ってしまいそうになります😄

日本でも六本木ヒルズ等で本場ドイツのローテンブルクから来た、クリスマスマーケットが開催しているので、かわいいオーナメントを見つけられそうですね!

寒い日に教会へ

f:id:ayano585817:20171206122125j:plain
こんにちは!

晴れたので少し遠い公園に行きましたが、2度までしか上がらず寒すぎて30分もいられませんでした.....😅

ずっといると太陽には当たっているのですが、寒すぎて頭が痛くなってきます。
緯度が高いと太陽までの距離が遠いと肌で感じます。

他の子供たちも防寒対策はしているのですが、どんどんいなくなっていきました。ママやパパも寒いから帰ろう~と言っているのですが、さすがの子供たちも遊びたい気持ちより寒いのでちゃんとすんなり帰ります😅

f:id:ayano585817:20171206122441j:plain
早々に退散して教会へ一旦避難しました。
娘はいつもの銅像に『ハロー!』と話しかけたりしています。
いつもの神父さんも話しかけてくれて、公園が寒すぎて.....と話したらずっとここにいなさい。と言ってくれました。

f:id:ayano585817:20171206122702j:plain
世界遺産の教会なので、いつもはツーリストが多いのですがこの日は貸しきりのように人が全くいませんでした。

f:id:ayano585817:20171206123402j:plain
クリスマスの時期になると、キリスト誕生のショーケースが出てきて馬小屋で生まれたストーリーを見ることができます。
どこの教会にも出てきます。

じっと見ていたら、また神父さんが来てくれてストーリーを話してくれました。
イエスの赤ちゃんが写真にもうつっていますが、本当は24日過ぎに飾るそうです。でも小さくて無くすと困るのでずっと入れておくんだよ~。と話してくれました😄

結局1時間長居してしまいました。
なんとなくキリスト教徒ではないと入りずらいと感じていましたが、誰にでも開かれた場所だと教えてもらいました。ミサの時にはさすがに行けませんが。

満月のヨーロッパ

f:id:ayano585817:20171205222542j:plain
こんにちは!

満月の夜は月明かりが強くて大好きです。
早目に部屋の灯りを全部消して月を見る時間は贅沢です。

娘は月を見つけるのが大の得意で『あ~!お月さまだ!こんばんは!』とお月様を誰よりも早く見つけお辞儀をしています(笑)

私が大好きなリビングからの景色。
この街の3大スポットが見渡せます。

・世界遺産の教会
・ヨーロッパで最も美しいと言われる旧市庁舎
・大学図書館

この3つが月明かりに浮かび上がり幻想的です。
(写真では暗すぎて伝わらず~😭)

ヨーロッパの景色が美しいのは、看板や電信柱が無いのと家の上にアンテナが無いからかな?
日本の家屋には骨みたいなアンテナが出ていますよね😊
街の建物の色が統一されているのも大きいです。

そうそう、木の並び方?木の種類?も何となく異なる気がしました(気のせい?)。
緯度が高いから生えている木が違うのかしら。
そもそも都市計画で樹木の配置方法が異なるのかな?
f:id:ayano585817:20171205224101j:plain
たくさんの落ち葉だったのに、12月に入ると落ち葉はどこかへいってしまいました。不思議です。

f:id:ayano585817:20171205224344j:plain
赤い車が街に馴染んでいるのもヨーロッパの街並みの色が統一されているからと思っています。
白や黒より合っている気がする.....😄

巨大なシンプルクリスマスツリー

f:id:ayano585817:20171204064114j:plain
こんにちは!

街中クリスマスの飾り付けになる12月。
夜はキラキラ輝くクリスマスイルミネーションで溢れます。

ヨーロッパのクリスマスはどこか落ち着いていてホットします。ピカピカチカチカ色々な色のLEDを付けているツリーもあるけれど、大体はシンプルなツリーです。

街の中心には巨大なクリスマスツリーが完成しました。本物のもみの木で、飾りも無しのシンプルなツリーです。

2年前に見た時には、どんな飾り付けになるのか毎日ワクワクして0歳の娘を抱っこして見ていましたが、飾られる様子は無く寂しく感じました。でも、何もないのがシンプルで周りの街並みに合っています😄

f:id:ayano585817:20171204075653j:plain
枝の先までLED電飾がちゃんとついています。
電飾の数はどのくらいなのかな?

本場ドイツのクリスマスマルクトも、飾り付け無しのツリーがたくさんありました。

うちにも今年は初めてのクリスマスツリーを買いました。ドイツや、フランスのドイツに近いアルザス地方で親しまれている、ドイツトウヒのクリスマスツリーです。本物の松ぼっくりが付いています。

夜な夜な.....ダイエットの街あるきを考える

f:id:ayano585817:20171202181741j:plain
こんにちは!

お友だちと朝9時に待ち合わせて、減量のために早歩きの街あるきをした日の風景です。

1時間話ながらグルグル歩き回りました。
たった1時間ですが、早歩きでかなりハァハァゼェゼェ.....😅

f:id:ayano585817:20171202182618j:plain
夜中にこんな甘~いチェリーケーキを一人で食べてしまったり(その日の賞味期限で2ユーロだったのでつい買ってしまい.....)

f:id:ayano585817:20171202182723j:plain
せっかくベルギーにいるんだから、ワッフルを食べなきゃ!と、こんな生クリームたっぷりにして夜な夜な食べてしまったりで、体重が増加していました。

帰ったらBBCニュースでシリア情勢をやっていて、栄養が取れない赤ちゃんのために高カロリーミルクの配給が始まったと伝えていました。

私はカロリー消費のために歩き、違う国ではカロリー摂取ができないので高カロリーミルクを飲まなければならない。

『わたし、何をやってるんだろう.....』
かなり反省です。

同じ時代を生きているのに、場所が違うだけで低カロリー食品が高く売れたり、高カロリーミルクを摂らなければいけなかったり。

高カロリーミルクを飲ませた母は、今日は赤ちゃんにどんな気持ちでミルクをあげているんだろか.....と考えずにはいられませんでした。

ヨーロッパのシンプルキッズスペース

f:id:ayano585817:20171202003119j:plain
こんにちは!

レストランやカフェにキッズスペースがあるかどうかでお店選びをするようになり、あるととても便利で活用させてもらっています。

ヨーロッパのキッズスペースは赤ちゃん用よりも、幼稚園~小学生向けがほとんどです。
赤ちゃんは大抵バギーの中で寝かせています。
(赤ちゃんを店舗の外にバギーごと出して寝かせているママ達も😅←怖くて真似できなかった)

毎日遊んでいる広場の近くのカフェでは顔馴染みになり、外で遊んでいると『寒いから中で遊んでいったら?』といつものお姉さんが声をかけてくれました。

こちらのカフェはフェアトレードカフェで、ご飯もカフェもできます。コーヒーや飲み物は2ユーロ前後とお安いです。
他のカフェだとビールよりもコーヒーやソフトドリンクの方が高い場合が多いです。

f:id:ayano585817:20171202003946j:plain
日曜日も営業していて、週末は満席ですが平日のお昼前はこんな感じでゆったりとした時間が流れています。

f:id:ayano585817:20171202004113j:plain
バーカウンターもあり、夜は23時まで営業しています。入りやすくて安いしキッズスペースもあります。

夏にはカフェ前の広場で、このカフェ主催の野外音楽フェスが開かれかなり盛り上がります😊
家にいると大爆音で聞こえてきました。

このカフェ、お年寄りから大学生、パパママ&キッズ、パソコンで仕事しているビジネスマンがいたりと幅広い年齢層がいます。

店内では毎週ギターやピアノやアカペラ演奏が聞けたりと、イベントも豊富なカフェです。
お誕生会が開かれていたり、何かの会議に使われていたりすることも。

キッズスペースの内容は絵本やカードゲームやパズル、お人形やぬいぐるみを椅子に座って遊ぶという、いかにもシンプルな内容です。このシンプルなスペースで子供たちはずっと夢中になって遊んでいます。

全部IKEAで揃えたシンプルさなのに、なぜかおしゃれ空間に見えてしまいます.....。
これはヨーロッパの魔法かな?😄


◼wereldcafe
Joris Helleputteplein 2, 3000 Leuven, Belgium
http://www.wereldcafe.be