東京とヨーロッパ街歩き

TokyoとBelgiumでの日々の記録。0歳の娘を連れてはじめてのヨーロッパ暮らし。空港大好き。スタアラ空マイラー!

正しい情報収集スキルを上げたい

f:id:ayano585817:20171124211816j:plain
こんにちは!

夕方スーパーに買いに行った帰り、あっという間に夜の街になっていました。
夜は建物が日中と違い、落ち着いた灯りで美しいです。

ベルギーに渡航する前に、色々なヨーロッパ情報を自分なりに収集しましたが、実際とは異なる事が多く情報収集の難しさを知りました。

実際にヨーロッパに住む日本人のブログ等にも目を通しましたが、大変参考になった内容がほとんどでしたがあれ!?と感じた内容もいくつかありました。

情報が古すぎたり、地域により違う理由で相違点と感じたのかと思います。
それは私が情報の発信源などをちゃんと確認しなかったからです(^_^;)

例えば『ヨーロッパのペットショップでは、動物をゲージに入れていない』
動物保護の概念から狭いケースの中には入れないようです。
f:id:ayano585817:20171124214207j:plain
これは結構色々な情報で出ていたのでそうなんだー!と思っていましたが、実際には日本と同じく狭いケースの中に入って販売されていました。
f:id:ayano585817:20171124214256j:plain
中には熱帯魚でさえ、水槽に入れるのは動物愛護の問題から販売されていないと書かれていました。普通に綺麗な熱帯魚がたくさんいて娘はペットショップの前が大好き!

そうそう、動物に関連する事では、渡航前にベルギー大使館が指定する病院にて渡航前健康診断を受けるのですが、予防接種の内容を聞いてみたら「乳幼児を抱えての渡航の場合には狂犬病も摂取してください」と言われました。そうか、犬も危ないのかな…。

別のクリニックで予約をして狂犬病摂取を受けたら、注射後に「ベルギーなどの先進国への渡航では、まず要らないですよぉ〜」と先生に言われました。
2回目摂取も違う先生に笑われました(´ε`; )
最初に健康診断で聞いた先生は恐らく渡航先を間違われていたのかな?

私もアジア圏に行くわけではないので、みんなもしていないし狂犬病は必要無いかな…。と思っていたんですけどね〜。そう思った時点で再度確認すれば良かったです。

正しく適切な情報を得るには情報収集スキルを上げなきゃ!!と感じました〜。